クイーンズ駅伝2020の注目選手は?優勝候補や順位の結果予想!

クイーンズ駅伝2020注目選手&順位結果予想の参考画像 駅伝・マラソン

10月18日(日)に行われたプリンセス駅伝の結果、クイーンズ駅伝の出場チームが決定しましたね!

プリンセス駅伝で勝ち上がった14チームと、シード権を持つ前回大会の上位8チームの合わせて22チームでの女子駅伝日本一を決める熱い戦いです。

11月22日当日ももちろん楽しみですけど、「どんな注目選手がいて、優勝候補はどこ?」とか大会までに色々と考えを巡らすのも楽しいですよね!

実際、注目選手は誰なのか?

そして優勝候補や順位はどうなるのか?

予想してみましたので、よければお楽しみください♪

スポンサーリンク

クイーンズ駅伝2020の注目選手は?

クイーンズ駅伝の順位予想の参考画像

引用元:日本実業団陸上競技連盟公式サイト

まずは、なんと言っても、プリンセス駅伝でも大活躍した、あの選手でしょう。

新谷仁美 選手

プリンセス駅伝でも3区で快走し、従来の記録を1分以上更新する区間新記録を達成しましたね!

もともとハーフマラソンの日本記録保持者ですし、実力は折り紙済みです。

2014年1月に一時は引退し、OL生活を経ての2018年に復帰。

2020年に入ってからは、1月に5,000mで日本歴代2位の記録を叩き出し、9月に入ってハーフマラソンで日本新記録を樹立、そして今回のプリンセス駅伝の快走と、4年間のブランクを感じさせず、今まさに波にのっていますよね。

新谷選手、そして同じ積水化学の卜部蘭選手は、800m前日本記録保持者の横田真人ヘッドコーチが指導する中・長距離トラッククラブ「TWOLAPS TC」に昨シーズンまで所属し、今期も指導を継続して受けており、それも今年の新谷選手の復活劇の要因でしょう。

この勢いのまま、クイーンズ駅伝でどんな活躍をするか楽しみですね。

 

その他の注目選手も、区間エントリーが発表されてから、追加で更新します

クイーンズ駅伝2020の優勝候補と順位予想

まずは、全22の出場チームを確認しておきましょう。

 

出場チーム一覧

10月18日に終えたプリンセス駅伝から14チームが加わり、シード8チームと合わせて全22チームです。

【シード8チーム】
JP日本郵政グループ 6年連続 6回目
ダイハツ 13年連続30回目
パナソニック 21年連続32回目
天満屋 29年連続29回目
ワコール 21年連続28回目
三井住友海上 2年連続26回目
デンソー 17年連続28回目
豊田自動織機 13年連続14回目
【プリンセス駅伝上位14チーム】
積水化学 12年連続22回目
ヤマダホールディングス 12年連続15回目
大塚製薬 3年連続8回目
九電工 10年連続29回目
資生堂 5年連続29回目
エディオン 3年連続27回目
日立 2年連続24回目
ルートインホテルズ 3年連続4回目
シスメックス 2年ぶり9回目
ユニバーサルエンターテインメント 14年連続14回目
肥後銀行 4年連続6回目
スターツ 4年連続11回目
鹿児島銀行 2年ぶり3回目
ホクレン 2年ぶり26回目

より詳しくは、こちらの記事でも紹介しています。

【クイーンズ駅伝2020】区間エントリーとシード・出場チーム一覧まとめ!
予選であるプリンセス駅伝も終わり、クイーンズ駅伝2020の出場チームが確定しましたね! 本選も近づいてきているので...

 

スポンサーリンク

優勝候補と順位予想

優勝候補や順位予想について、より具体的に言えるのは、区間エントリー(メンバー)が発表されてからです。

去年は大会18日前に発表されたので、今年も11月初旬には発表されるでしょう。

区間エントリーが発表されたら、更新します。

 

過去の優勝チームと順位

ここ3年の上位8チームの成績や順位を見れば、優勝候補や順位の傾向が見えてきますので、そちらを見ておきましょう。

 

【2019年】順位 チーム タイム
優 勝 JP日本郵政グループ  2:15:10
第2位 ダイハツ 2:15:15
第3位 パナソニック  2:15:21
第4位 天満屋 2:15:38
第5位 ワコール 2:16:07
第6位 三井住友海上 2:16:14
第7位 デンソー 2:16:31
第8位 豊田自動織機 2:16:34

 

【2018年】順位 チーム タイム
優勝 パナソニック 2:15:22
第2位 天満屋 2:16:19
第3位 ダイハツ 2:16:32
第4位 ヤマダ電機 2:16:35
第5位 ワコール 2:16:52
第6位 豊田自動織機 2:16:53
第7位 JP日本郵政グループ 2:16:53
第8位 デンソー 2:16:57

 

【2017年】順位 チーム タイム
優勝 パナソニック 2:17:07
第2位 ダイハツ 2:17:52
第3位 JP日本郵政グループ 2:17:54
第4位 第一生命グループ 2:17:57
第5位 天満屋 2:18:54
第6位 ヤマダ電機 2:19:13
第7位 資生堂 2:19:44
第8位 豊田自動織機 2:20:00

2019年~2017年の3年間の成績を振り返ると、

  • JP日本郵政グループ
  • ダイハツ
  • パナソニック

この3チームは、上位に名を連ねることが多いですし、今季のここまでの成績を考えても、2020年大会も優勝候補であり、上位に進出してくる可能性が高いでしょう。

 

また、過去5年の優勝チームの完走タイムを平均すると、

2時間15分10秒台(2:15:10)

になるので、2020年も2時間15分台のハイレベルの戦いが予想されます。

ちなみに、「プリンセス駅伝2020」優勝チームの積水化学のタイムは、2時間17分3秒でした。

コースも違いますし、予選なので大会の意味合いも異なりますので、単純に比較はできませんが、積水化学が上位争いするためには、さらにタイムをあげてくる必要がありそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、クイーンズ駅伝2020の

  • 注目選手
  • 優勝候補と順位予想

について紹介してきました!

これから各チームの選手の状況(仕上がり)など新しい情報が出てくるでしょう。

各チームの有力選手の状況によって、戦況は大きく変わってきます。

最新情報を入手し、その都度情報を更新していきます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました