年末ジャンボ宝くじの当選番号はどうやって決まる?ルーレットの仕組みも徹底解説

宝くじ

「年末ジャンボの当選番号ってどうやって決まるの?」

って、そんな疑問、感じたことはありませんか?

テレビをよく見る人なら、当選番号が決まる瞬間を生中継する番組やニュースで「あのルーレット」を見たことがあるかもしれませんね。

そう、あの年末ジャンボの当選番号を決めるルーレット、です。

今回は、当選番号の決まり方と、あのルーレットの仕組みについて徹底解説します。

スポンサーリンク

年末ジャンボの当選番号はどうやって決まる?

まず、今年の年末ジャンボは、いつどこで決まるのでしょうか?

「抽選日」と「場所」は次のとおりです。

抽せん日 2020年(令和2年)12月31日 木曜日
会場 東京オペラシティ コンサートホール(東京都
抽選時間(放送予定) 12:45~13:00(NHK総合/NHKラジオ第一)

宝くじの抽せんは、公開で行われます

今年はコロナの影響でまだ分かりませんが、「観客あり」となれば誰でも見学することは可能です。

なお、抽せん会には不正などがないように、必ず弁護士や発売自治体の職員、みずほ銀行職員などが立ち会います

そういった方々が抽せん機前方中央に着席して、抽選を見守っているわけですね。

 

そして、その年末ジャンボの当選番号は、お馴染みのルーレットで決まります

テレビで生中継もされていますね。

こんな感じの映像↓、生中継やニュースなどで見たことがある人も多いでしょう。

くるくる回る的に、放たれた矢が刺さって、当選番号が決まっていきます。

ドキドキの瞬間ですね♪

 

じゃあ、このルーレット、どうやって動いているんでしょうか?

次にルーレットの仕組みについて見ていきましょう♪

スポンサーリンク

年末ジャンボのルーレットの仕組み

ルーレットの正式な呼び名は、「電動風車式抽せん機」。

この抽せん機を利用して抽選番号が決まります。

映像でも見て取れる、くるくる回っている風車はモーターで動かされてます。

なので、電動式と呼ばれているんですね。

その風車には、0から9までの数字が各1個、等面積に割り当てられています。

年末ジャンボのルーレットの参考画像

こんな感じです。

宝くじの6桁番号のうちの上2桁のみ、10~19の数字が等面積に分けられています。

そして、風車をモーターで回転させた後に、適当な時間を置いて、手前のボックスの上に載っている機器から矢を放ちます。

その後、風車を停止させて、矢の刺さっている数字が当せん番号となります

生中継などを見ていると分かりますが、1等と2等の抽せんでは、演奏が流れ終わったのと同時に矢を放たれるので、抽選結果を待つ身としてはドキドキの演出ですよね。

スポンサーリンク

年末ジャンボの当選番号とルーレットについてのQ&A

さて、年末ジャンボの当選番号とルーレットについて紹介してきましたが、「こんな場合はどうなるの?」っていう疑問を持つ人も多い所なので、ここからは、そんな疑問にQ&A形式でお答えしていきます。

A : 風車の数字と数字の境界線は金属棒なので、境界線上に矢が刺さらないようになっています。
A : その刺さらなかった抽せん機のみ、再度やり直しとなります。
A : この場合も、落ちてしまった矢の抽せん機のみ、もう一度やり直しします。
A : 同じ組・番号が出た後の方の抽せんを、もう一度やり直します。
A : これについては、実際に自作して実験された方もいて「狙い撃ちできる」と結論付けている方もいらっしゃいますが、公式の声明では、風車を回すモーターは無作為に電源供給が一時的に断たれて、完全に一定の速度で風車が回らないようになっているので、狙い撃ちはできないという事になっています。
スポンサーリンク

まとめ

今回は、

  • 年末ジャンボの当選番号がどのように決まるのか
  • ルーレットの仕組み

について紹介してきました。

毎年年末31日、年越前のソワソワした時期に決まりますよね。

高額当選した方は、どんな気持ちで新年を迎えるのでしょうか?

一度体験してみたいものですね(^^♪

今年も当選を夢見て、抽選を楽しみにしましょう♪

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました